ランドスケープとは?

妙高市ランドスケープ(景観)講演会に行ってきました。

演題は「妙高のありのままの自然を活かした景観の作り方」 
講師は、石原 和幸氏
画像

この人がスゴイ人なんです

英国のチェルシーフラワーショーに平成16年に初出展しシルバーギルトメダルを受賞。その後、18,19,20年と日本人はもちろん世界でも前人未到となる3年連続ゴールドメダルを受賞RHS英国王立園芸協会会員のランドスケープアーティストで、19年度から妙高市の顧問を受けてくれているんです。

講演会の後ガーデニング講座も行われ、参加させてもらいました。石原先生談「材料費講座料¥2、000で、¥4、000の寄せ植えを作りましょう」と30人くらいの方々が楽しんで作りました。
     

                私の作品です
画像

講演会で印象に残ったのは、自分に合った庭作りをすると言う事。

頑張って作っても後の手入れが間に合わないと、せっかくのステキな庭も台無しに・・・

自分の体力、ライフスタイルに合わせてどんな庭にするのが良いのか考えるのも大事。

勉強になりました。

一人で手入れするにはとーーーっても大変なエペレの庭ですが、旦那さんは草刈りしてくれるし、親父さんは畑を作ったり樹の剪定もしてくれる。これからも家族みんなで協力して手入れしていきます。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック